胡椒

当店でもブラックペッパー(ホール)を「基本」だけにミルで1ガリ入れている

胡椒(こしょう)のお話しです。



以下、NET記事引用

==================================

飲食店のコショウはなぜGABAN?

飲食店に置かれてるコショウといえば「GABAN(ギャバン)」というイメージがある。
特に、中華料理店やラーメン店にある印象が強い。
メタリックに青文字の、商品名むき出しの缶のまま。

他のスパイスメーカーもあるのに、どうしてGABANばかりなんだろう? 

株式会社ギャバンに聞いたところ、ルーツにそのヒントがあった。

「創業者は札幌ラーメン横丁を一軒一軒まわって、1缶ずつ販売した経緯があります。
ブラックペッパーはラーメンに極めてマッチし、札幌ラーメンが全国に広がるのに合わせて、
いつしかラーメン屋さんのカウンターになくてはならないものになっていったのです。
また、ホテル・レストランのシェフを直接訪ね、品質の違いを説明するために、
その場で缶を開けて香りを確かめてもらったり、
簡単な料理をつくり納得してもらうよう手を尽くしました」

1940年代後半から50年代にかけて、日本に流通するコショウの多くには、
小麦粉やパン粉が混ざっていた。原因は原料不足。
そこで創業者は、食事の洋風化が進めば香辛料の需要も増え、
“混ざり物がないコショウは売れるはず”と考えた。
そうして1954年、エイト食品(現ギャバン)が設立された。

でも当時、家庭用の香辛料は、他の会社の製品が世の中に浸透していた。
そこでGABANは、業務用に特化。
品質重視の姿勢で同業他社と差別化を図る一方、
ホテル・レストランのシェフや、ラーメン店に売り込む方法をとった。
すると品質を丁寧に説明したことが功を奏し、
多くの飲食店が使ってくれるようになっていった。

そしてシェフのお墨付きを手に、
そのレストランが取引する問屋を紹介してもらうことで、取扱店は少しずつ増加。
この手法が、1980年代には中国料理店や焼肉店でも行われ、
今のように全国のあらゆる飲食店で、GABANのコショウが見られるようになったという。

ちなみに、あのメタリックな缶のデザインは、お客さんの席に置きやすいよう
意図的にスタイリッシュにしてあるんだろうか?
「デザインは創業当初からのもので、(先にも述べたように)弊社は業務用に特化し
厨房仕様であるため、特に席に置きやすいようデザインしたわけではありません」

家庭用としても買えるようになった2005年2月まで、長く業務用として存在してきたGABAN。
その歴史が、「飲食店でよく見る」という結果につながってたみたいだ。


==================================
[PR]
by bbex24970 | 2010-09-15 18:54 | つぶやき
<< 限定トッピング その3(一挙に・・) >>