その10 霜降り醤油   

2013年 12月 07日



とりそばの醤油

ぶいよんでは一番後発で

開業4年後に出来上がった味です。


「つけ」の醤油ダレと「とりそば」のスープを

単純に足して出来上がったものですが

根強い醤油ファン、つけファンが居り、それしか食べない人もおります。


その深いコクと旨味は

大量の鶏のもも肉を炊くことで出来上がります。

こんな感じで・・
b0177816_15415342.jpg

最早、鶏の霜降り!

と、言っても良いほどに

鶏の旨味成分が濃い~~のです。


ホントは味噌と同じ料金設定したいのですが

塩・醤油・味噌のイメージバランス考えると

それも叶わず・・
(※現在は、味噌と同料金設定になっております。恐縮です)


未食の方、

目を瞑ってコノ奥深い醤油を・・


次は是非、いってみて下さい。


[PR]

by bbex24970 | 2013-12-07 15:49 | ぶいよんホントのところ

<< 年越し「つけ」 恒例 奏龍イベント >>